Posts categorized "あいてむ"

遠乗り用

自転車がね、欲しいのですよ。ロードバイクが。全くの素人なんですけどね。
ずいぶん前から気にはなってるんですが、なにしろ値段がお高いのです。しかたないので10年以上前に買ったSHWINNのMTBに幅広のスリックタイヤもどきを履かせてクロスバイク化して乗っています。
いや、普段はこれで十分なんですよね。車道も歩道も選ばず走れるし、荷台を付けてるのでイザって時は荷物も積めるし。おまけにそこそこ早く走れるバイクだし。
だけど片道10キロを越える道のりだと四十路の身としては結構キツいのですよね〜。移動するだけじゃなく、行った先で仕事しようと思うと・・・汗だくで息切れ状態だったりする(笑)。
おまけに最近はなんだか流行ってるらしくてあちこちでロードバイクとすれ違う。ランニングで多摩川の河原を走っていても色鮮やかなバイクにびゅんびゅん抜かされる。あー欲しいー。というわけで今気になってるモデルはこれ。イタリア産フルカーボンバイクのKUOTA/KHARMA。これはエントリーモデルに近いんですけどそれでも値段が・・。まあカーボンなので仕方ないのだけど。

Kharma

僕はもともと細身のスチール製トラスフレームが好きだったんですけど(もちろん雰囲気が)、体重の重い僕にとっては自転車本体は軽いに越した事はない!おまけに白基調でアクセントが赤色というのも僕の心を掴んでます。フレームが微妙にアーチを描いているのも素敵だなぁ。
カーボンフレームは高価だし、固くて乗り心地に好き嫌いが出るとか、オールラウンドタイプのバイクが面白いのかどうかとか、レビューを読んでると決して僕向きではない気もするのですが・・・やっぱりカッコいいのがいい(笑)。どうせ素人なんだし差なんてきっと分からん!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

テンキー

27インチのかっこ良くて馬鹿でかいiMacを買ってから気分良く仕事できるようになったのはいいのですが、唯一気に入らないのはテンキーがないこと。確かにテンキーの無いワイヤレスキーボードはかっこいい。うん、確かにかっこいいよ。でもね、数値を大量に入力せねばならんときにとても困る。例えば確認申請書類作成で面積とか高さとか入力する時とか、夜を徹してCAD図面書かないといけないようなストレスフルな時とか・・。「いちいち英数キーとか押してらんないんだよ!」とか叫んじゃいそうになります。

実は前から発売されてた、LMP Bluetooth KeyPadも気になってたんですけど、どうも質感やら操作性に難ありらしいので躊躇してました。
最近改めて検索してみたら、なんと新商品発見!iBUFFALO テンキーボード Mac用 USB接続 スリム 独立キー ホワイト BSTK08MWHです。シルバーもあるんですが、材質がプラスチックということはどうしても質感に差が出てしまう。ならばいっそマウスと合わせて白にした方がいいに違いない!ということでホワイトに決定。
2
1
並べてるとこんな感じ。うん、白にしてよかった。質感も白なら許せる程度のチープさ。
ああ・・おまけに快適だ・・。もっと早く売り出してほしかったよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CAMELBAK

リュック購入。これです。

はるばる南大沢のアウトレットにあるモンベルショップまで行ってきました。
容量が比較的大きいのでハイスピードのトレイルランには向いてませんね。ただ今回は水と食料が入らないときっと遭難する、というかリタイヤするのが目に見えているので割り切ってこれに決定。なんせ、10キロのトレイルランの前におにぎり3つ食べないと後半失速する人ですから、僕は・・。
あと、意外にこれ普段使えます。ちょっとした外出の時に便利です。
本番前に既に元をとった気分。
さーて、38キロ走りきれるのか・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

焼き物

P7310004

先日、相方の知り合いが陶芸の展示会をするというので銀座のギャラリーに行ってきました。三重県を拠点に活動されている岡井翼さんです。すっきりとしたデザインと色で、ちょっと遊び心を加えた食器や茶器を作られています。すごく繊細で上品な金色の急須があるかと思えば、かわいらしい白のドット柄の茶碗があったりします。品川にある「ちゃんこ鍋 大銀杏」で使われている土鍋も彼の作品で、こちらは下半分が茶色で蓋が白地に水色のドット柄らしい!(笑)ドット柄土鍋も、ちゃんこ鍋も興味をそそられます。

Okaisan_2

岡井さんです。

Cyawan

ドット柄の白い茶碗。糸底が小さくて、ころんと転がっているように見える丸い茶碗です。なかなかよいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

New Diary

Pb110170

来年の手帳買いました。
昨年に引き続きDELFONICSのBasic Diary Linenです。昨年は黒地に青文字だったので、来年のは白地に金文字にしてみました。B6サイズなんですが、前にも書いた通りに週ごとのスケジュールは90度横に回転させて使ってます。なんかしっくりきたので来年も同じ使い方でいこうと思っています。予定表というよりホントに日記帳(Diary)のようになってます。食べたものとか買ったもの、天気やらジョギングで走った距離まで書いてありますね・・・。
さて、この手帳はカレンダーが10月スタートなのでこの時期は既に売場にならんでいるのです。今買っておかないと年末に売場になくなっちゃってる可能性が・・。でも今年は立川駅のエキュートに直営店が入ったので前ほど品切れをきにしなくてもよくなりました。
手帳のカレンダーは10月からですが、一応私は日本人なので1/1から新しいのに切り替えようかと思ってますが・・・あれ?普通は1月から使い始めるんですよねぇ?あれれ、4月からでしたっけ?そりゃ学校だけか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイかえたい

Ahk3001v0001


愛用のケータイ。といってもPHSです。この機種に変えてから、かれこれ5年になりますがその後買い替えたい機種が出ないんですよね・・・。カメラ機能は使わないし、ウェブも乗り換え案内しか見ない。となると残るはデザインだけ。さすがに電池がダメになった上、傷だらけでみすぼらしくなってきたのでやむなくヤフオクで同じ機種の中古品をゲット。機種変更して2代目になりました。ちなみに待ち受け画面はコレ。懐かしのMacOS9のデスクトップ画面です。

Ahk3001v0002

あー、どうしてWILLCOMはカッコイイデザインの携帯を出さないのか!最近気になっているのはやっぱりiPhone。ただ、モバイル端末としてはとっても面白いけど電話って感じじゃないしなぁ。オモチャとして買うには少々高いかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

意外にかっこいいDF50

ことの起こりは昨年末、相方関係の友人宅での忘年会でした。来ていた友人の小学生の息子がNゲージに興味があるって言い出したんです。そういえば自分も持ってたな〜よかったらあげるよ、と軽く約束したわけです。
で、年始に実家に帰った時に出してもらって持って帰ってきたんですが、アレレぴくりとも動かないじゃないですか!そういえば、動かなくなったもんだから当時も分解を試みたけどどうしても分解できず、聞いたら教えてくれるようなオモチャ屋さんもみつからず、結局修理を断念したのを思い出しました。でも、いくらなんでも故障したものをあげるのはクリエイティブな仕事を生業としている身としてどうよ・・・。ということで、Nゲージの修理に初チャレンジする事になったわけです。

昔と違い、今やネットの時代。まずは「検索」ですよね。便利な時代になったもんです。さて、問題の車両は1980年代初めにTOMIXから発売されたDF50というディーゼルカーなんですが・・・見つけました!分解修理している人を発見!そうか〜、屋根がスライドするのか・・・そりゃ気付かんぞ。さらに驚かされるのは、今でもちゃんと部品を作っているTOMIXですよ。二十数年前のモデルにも関わらず、モーターもカプラ(連結部の部品)も通販で手に入ってしまいます。早ければ1週間で部品が届いちゃう。よし注文、注文っと。

Df50_0001

待つ事1週間。無事モーターとカプラが届いたので早速分解修理です。分解するとこんな感じ。中身はモーター以外は大部分が「(導通する)重り」です。Nゲージを所有する満足感はずっしりとした重さ(笑)による部分も大きいので、結構大事なファクターですよ。レールを通して車輪から来た電気はこの左右2分割の「重り」を通ってモーターを回します。ここからの仕組みがちょっと面白い。モーターの回転軸にはバネのようなものが付いていて、回転を車両の前後の台車のギヤを介して車輪に伝えるんです。バネの特性を使ってユニバーサルジョイントの機能も兼ねちゃってます。大きなモーター1個と、いかに少ない部品数で前後の車輪を駆動するか、というのを追求してますよね。こういう駆動形式を「スプリングウォーム」と言うんだそうです。

Df50_0003

無事修理の完了したDF50の勇姿です。子供時代の僕が、なんでこの3種類の車両を選んだのかは謎です(笑)。でも、DF50って華やかさはないけど結構かっこいいと思いませんか・・・?

Df50_0002

写真じゃ分かりにくいですが、進行方向側のライトが光るんです。

スプリングにグリースを塗らなかったせいかちょっと動きにギクシャク感は残るものの、二十数年ぶりに動くようになったDF50は本日新しい持ち主の元へと旅立って行きましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年の手帳

Techo0001

今年は手帳を少し大きいサイズのにしてみました。というのも年末のテレビ番組に手帳の達人達が出てきて、それぞれの使い方を披露しているのを見てナルホド!と思ったからなんです。特にこれはいいと思ったのが、見開きで1週間分のスケジュールが書けるタイプの手帳の使い方。だいたい左ページは縦方向が曜日で、横方向が1日の時間軸になっています。これが今までどうにも使いこなせなかったんですよ。項目は縦書きしないといけないし、時間を書き込もうと思ったら英数字だと横書きだし・・。そもそも縦書きで項目を書かなければいけないほど時間単位で動いている訳でもないし・・・。結果として書き込みがあまり美しくないスケジュールになってしまっていました。
達人の使い方はというと・・・なんと手帳を右に90度回転させ、全部横書きで書いてしまうんですよ。そうすると、項目が多くても少なくても書きやすいし見やすい。聞いてしまえばなーんだという方法なんですが意外に思いつかないもんです。で、書いてみたのが下の写真。

Techo0002

右半分のメモらんが埋まっているのは、空いたスペースにその日に食べた物も書き込んでいるため(笑)。これ、結構楽しいです。確か昔の文筆家でもやってた人いましたよね?ちなみに手帳のメーカーはここ数年気に入って使っているDELFONICSというところのもの。今年はペンホルダーもゴムの物にしてみました。ゴム製なので鞄の中で転がり回っても手帳が痛みにくいという効果が。筆記用具は製図用シャーペン。手になじんでいるというのもありますが、書き直しが多いもんで万年筆やボールペンは使えないんですよ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

工具

P4070001

 今、「欲しいものリスト」の3番目くらいにいるのがこの電動サンダー。
 我が家(というか事務所)は、リフォームした時の金銭的諸事情(笑)により施主施工の部分や施主塗装の棚やら洗面台やらがあちこちにあるのですが、玄関もそのひとつ。玄関が狭苦しく見えたので、土間にはフローリングの残材を自分で敷いてしまいました。少しだけ家の中が広くなったように見えます。ただ、それでは玄関扉を開けたところですぐ靴を脱がないと家に入れないのでちょっと不便。そこで土足で入れる靴脱ぎスペースとして四角くフローリング材を組んだものを置いているのですが、さすがに2年も使うと真っ黒です。そろそろ削ってきれいにしないといけません。削ったら奇麗になるのが無垢材のいいところだなぁ。

ちなみに欲しい「工具」リストでサンダーの次に来るのはインパクトドライバーですよ。これさえあればねじ頭をなめることもなくなるはず・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

欲しい

Honda_ez91

 町で見つけた90ccのミニバイクです。
 HONDAが90年頃に売り出したEZ-9というバイクなんですが、もともとはアウトドアファンビークル的な扱いで公道を走ることを想定してないんです。だから保安部品(ライトとかウィンカーとかバックミラーとか)はついてないし、スピードメーターさえもついてません。
 ただ、一部マニアな人々が保安部品を取り付けて公道仕様にしているようです。さすがに20年近く前のバイクだし、当時数百台しか売れてないみたいなのでかなりの希少バイクと言えます。・・・・欲しいな〜。
 ネイキッドバイクが主流の今見ると、とっても新鮮でかわいく見えるから不思議。当時はフルカバードやレプリカ全盛期。もともと私はフルカバード(カバーで覆われていてエンジンがほとんど見えないタイプ)のレーサーレプリカバイクが好きで、今でもレーサーレプリカでこそないですがフルカバードのバイクに乗ってます。
 フルカバードの良さといえば、まずはカッコイイ形。もちろん空力抵抗の低減が目的のカバーですが、車と同じでデザイン次第でかっこ良く造形できるということ。私の好み的には直線基調のデザインの中に丸みや曲面がさりげなく入っているデザインが好き。
 次の魅力は車体に纏ったカバーの隙間から垣間見えるボディーやエンジンの色気ですよ。テクノロジーの結晶であるボディーやエンジンを、これ見よがしに見せつけない奥ゆかしさと潔さ・・・ああ、たまりませんね!そういう意味では、車体やエンジンが全く見えないのもつまらない。いうなればチラリズム(死語)が大切なんですよ、うん。
 ・・・話があっちの世界に行ってしまいそうなので戻しましょう。
 このEZ-9は中身が全く見えないタイプですが、ちっちゃくてかわいいくてノスタルジーも感じちゃうから許しちゃう!でも、万が一EZ-9の程度のいいのが手に入ったとしても保安部品付けてナンバー取ったりしてたら幾らかかるか分かんないよな・・。

 むむ、誰だ!僕が乗ったらサーカスのクマみたいとか言ってるのは!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧