Posts categorized "つれづれ"

言い訳というか

すっかり本家HPもブログも放置状態が長くなってしまってます・・。
昨年(2011年)末からいままでとは違う早いペースの仕事に参加する事になり、正直手が回らない(気力と体力が足りない)というのが現状です。
今年は少し落ち着いてきましたので、少なくともHPだけでも直したいところです。
それまではツイッターやFBの方で体力が許す範囲でぼちぼち更新してますのでそちらで・・。

Twitter:https://twitter.com/megakuma
FB:http://www.facebook.com/profile.php?id=100000468669142

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近況など

Illust3481

お久しぶりでございます。
ここもかなり放置状態なので見に来て頂いた方には大変申し訳ない状態ですが、本家のHPは去年書いた通り壊れたままになってましてさらに面目ない。
というのも昨年の年末近くから参加させて頂いている設計のお仕事のペースが非常に早くて、充実した提案をするためには頭と体をフルに稼働しないとイカン状況なのであります。
もうしばらくはそんな状態が続くと思いますが、徐々に落ち着いてくるはずです。そうしたらHPも直しますし本も読むぞー!
(言い訳は以上です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スパムは野菜と合わせた方がウマい

缶詰のスパムじゃなくてスパムコメントがものすごいのですよ。放置するとコメント欄がかなり見苦しくなりますので、しばらくの間コメントを投稿する時に強制的にスパム防止認証画面が出るように設定しました。お手数かけますが申し訳ない。041101l


| | Comments (0) | TrackBack (0)

はしるーはしるー俺たちー

トレイルランのネタが続きますが、はまっているので仕方ない(笑)。
さて、屈辱のリタイヤをきっした上野原トレイルレース。気を取り直して10月は高尾山のレースに出ました。
高尾山森林走遊学大会です。
こちらは15キロで林道がメイン。昨年も出ているんですが、今年はコース変更があって全く未知のコースです。高尾の山奥にあるミッション系の私立高校のグラウンドがスタート地点。なんとスタートから林道に出るまでのコースは生徒達が作った道なんだそうです。体調はちょっと左足首がゴリゴリする感じで不安があったんですが、準備運動でなんとかほぐしてスタートを待ちます。

Img_0404

今回は上野原の反省から秘密兵器を持参。
1)おにぎり×3(これがないと始まらない)
2)バームのジェル×1(やっぱり走る前はバーム)
3)サプリメントジェル×2(ワンセコンドっていうグリコの商品)
4)終わった後に食べるアミノ酸入りジェル×1(筋肉痛が緩和されるらしい)
5)背負う水筒にスポーツ飲料を500ml(1時間半なら500mlで十分!)

1)と2)は走る30分前までにもぐもぐ。あーお腹がくちくなると眠くなる・・。先にスタートした7kmの参加者が遅れてる関係で、スタート時間が遅れてさらに眠くなーる・・。やっとスタート時間3分前になったので、これまた前回の反省でできるだけ先頭集団に混じる。左前方には一緒に出た友人の後ろ頭も見えます。

どのレースもそうですが、なんとなくだらだらとスタート!
どんどん前へ出る友人を今回はペースメーカーにさせてもらうことにします。最初の10分〜15分のキツい登りは追い越し出来ないので、がんばって彼に遅れずに登りきればOK。林道に出てからが勝負ですが・・友人はあまり調子が良くなく早い時間にペースダウン!やむなく追い抜いて自分でペースを作るはめに。これってけっこう辛いのです。自分のペースを自分で作るほど難しい事はない。

新しいコースでペース配分が掴めず困ったんですが、救われたのは同じ林道を2復するコースだったという事です。おかげで1往復してからは残りの距離がだいたい分かるので「ペース上げすぎず落としすぎず」がなんとかできました。でも結局最後の方はあっぷあっぷ状態なので後ろから迫り来る友人を確認したいけど振り向く余裕も無いという(笑)。

さすがは15kmと短距離なだけあります。えらくハイペースでレースは進み、30分に1個補給するはずだったジェルの補給も最初の1回だけにして、あとはのこりのエネルギーで走りきれると判断しました(コース終盤はずっと下りだったので)。とにかくハンガーノックが起こる前にゴールせねば!という勢いだけでなんとか転がりこむようにゴール!

で、結果です。昨年より10分以上短縮!まあコースのおかげっていうのもありますけどね。でも初めて友人にも勝っちゃったしかなり気分がいい・・くくく。昨年と同じ高尾山口の高橋屋の打ち上げのビールもウマかった!リタイヤしても上野原に出ておいてよかった!あれのためにトレーニングしてなかったら今回の結果は絶対に出なかったです。
15km男子の部は参加者合計が442人だったので、112位っていうのはまあまあの順位ですよね?ね?

Scan10001_2_2

【次回に向けて】
とにかくトレーニングをさぼらないこと!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第2回上野原トレイルレース(反省文のようなもの)

昨日は人生初チャレンジとなる38kmトレイルランに参加してきました。とはいうものの、結果は惨敗で途中リタイアになってしまったのですが・・。
これに出ました。
「第2回上野原トレイルレース」
あまりの太刀打ちのできなさ加減にメチャクチャ悔しいので、一部始終を記録しておきます。来年はもう少し先まで走破したい。

実はこのレースのために2ヶ月前から猛特訓(以前と比べれば、ですが)してまして、元気な日は10km以上走り累積すると月に100km以上。我ながらよく頑張ったなと感心していました。そして本番に備えて水筒を仕込んであるリュックやトレイルラン専用シューズなんかも買いそろえてありました。(道具を買ったらなんだか走れるような気になってたし)今までに15kmのトレイルランには出た事があったので、まあそれの2倍ちょっとだからペースを落とせばなんとかなるだろうというのが僕の読みでした。

さて緊張のレース当日。

<4時>
6時半までに受付をしなければならないので4時起床。嫁さん叩き起こしておにぎり6つ作ってもらい、朝ご飯に2つ食う。水筒にはポカリを薄めたヤツを1リットル充填。今回はジェルの類いは無しにした。

<5時>
電車に乗る。が、なんと!おにぎり荷物に入れるの忘れた!!こりゃ途中で食料をなんとかせねば・・。スタート前から暗雲が漂う。

<6時>
上野原駅到着。コンビニ発見。固形のカロリーメイトを2箱ゲット。受付を済ますが、なんだかいつものレースと雰囲気が違う・・。なんか張りつめた雰囲気が漂ってるぞ。おまけに出場者の体型がみーんな痩せ形だ!男女比は7:3くらいか。とにかく完走が目標なのでスピードは出さずに行こう。
Uenohara0001
<7時(スタート)>
どうせ僕は遅いからと思って最後尾近くからスタート。しかしそれがいかんかった。初めの1.5km位は町中と幅の広い林道だったのだが、いきなり細い登山道に突入。当然1列縦隊になるので登山道の手前で大渋滞に!15分以上ロス。
Uenohara0002

<7時半(30分経過)>
登山道に入る。「登りも下りもすれ違うのがやっとの幅」「木の根がむき出しになっていてそれに足を掛けて登る傾斜」「丸太等による階段などの整備はほとんどされていない」「上りや下りの途中には平坦な場所は皆無」と書けばどの程度の登山道かお分かり頂けるだろうか。前に出た青梅のコースのキツい登りが延々続くという感じ。

<8時半(1時間半経過)>
ひたすら登り。平坦な場所や下りはほとんど無い。走るなんて無理で早足で登るのがやっと。このころから担いだ水筒のポカリの消費が激しくなる。やばい、給水所で水の補給ができなかったらアウトだ。足の筋肉の方はまだまだ元気だし間接も大丈夫。

<9時半(2時間半経過)第1関門(給水・バナナ)>
第1関門到着。7.35km地点。足切りが10時なので結構ギリギリ。背中の水筒に満タンに水を補給できた(2リットル)。バナナをもらって食う。自分の食料は温存。まだ7.35kmかよ!20分/kmって何?!足はまだ大丈夫だが登りで息が切れるようになって来た。水を飲めば回復するのだが・・

このあともキツい登りの連続と、申し訳程度の下りが続く。登山道の傾斜はほぼ一定で、かなりの急傾斜。場所によってはロープを掴まないと登れない箇所もある。初めは下りは走ってたんだけど、だんだん走れなくなってきた。でも、まだほとんど立ち止まらずに進める程度には元気。ただ、水の消費スピードと発汗量が尋常じゃない。このあと矢平山~船山~トヤ山~立野峠と、スタート地点から計算すると標高差600m~800mの山々を越える。山の頂上と頂上の間は標高差100mくらいの下りがあり、また登る。その繰り返し。コースの途中に立っている係の人から塩を数回もらって舐める。あれ?しょっぱく感じないぞ・・?
Uenohara0003
Uenohara0004

<11時半過ぎ(約4時間半経過)>
コースの中で3番目に高い倉岳山の山頂に到着。14.07km地点。登山客が多くなる。見晴らしがとってもいいのだけど眺めを楽しむ余裕はゼロ。水が心もとなくなってきた。水を飲まないと登りで足が止まる。下りでも膝廻りがだいぶきつくなってきた。でもふくらはぎと太ももが大丈夫なのが救い。感覚が麻痺してるけど腹も減っているはず。水がなくならないうちにカロリーメイトを流し込まないと!

<12時過ぎ(約5時間経過)>
コース中、2番目に高い高畑山の山頂に到着。15.75km地点。最後の水でカロリーメイトを胃に流し込む。水筒の水終了・・・。次の給水地点まであと2.1km。平地ならなんてことない距離なんだがこのコースではとてつもなく長く感じる。やばい雰囲気が漂ってきた。でもまだ足は行けそう。

ここからが・・しんどかった。おそらく空腹感はなかったけどエネルギーが尽きてきていたんだと思う。だんだん気持ち悪くなってきた。そしてなんといっても水が無いのが辛かった。登りで息切れを起こして数分置きに休憩するはめに。さらに足の筋肉に力が入らなくなってきたため、下りで間接廻り(筋や健)が痛くなってきた。頭を「自主的リタイア」の文字がちらつき始める。とうとう下りでも途中休憩を入れないと進めなくなってきた。

<13時(6時間経過)給水所(500mmペットボトル・漬け物のキュウリ)>
やっとの思いで雛鶴峠の給水所に到着。17.85km地点。水をもらって飲むと朦朧としていた頭がはっきりしてきた。ああ、やっぱり水分不足だったのね。と、ここでしばし考えた。第2関門(25.2km)は14時で足切りなので「通過」するのは絶対に無理。でも第2関門までは走らせてくれるらしい。だがこの先20分/kmのペースが出せたとしても7.35kmだから約2時間半。それを500mmペットボトルの水とキュウリだけで乗り切れるだろうか?おまけに足もこの1時間でかなりダメージを受けてる。

「無理だ」

そう結論が出ました。残念だけど。山中で本格的に走れなくなっちゃったら係の人にかなり迷惑をかけそうだしね。(そのくらい山奥なんですよ)給水所は舗装道路近くに設定されているので、少し歩いて下ったらマイクロバスが待っていました。20分くらいバスに揺られてスタート地点に帰還。もうね、なんて言うか完走してないとかなり鬱ですよ。上位走者がゴールするのを陰から眺めながら、振る舞いのうどんを食べてそそくさと帰路につきました。

そんなわけで失意に打ちひしがれて帰ったんですが、正直今年の僕のポテンシャルでは38kmはもとより25キロも無理のようです。第2関門まで走りきるにしても、もっと筋力が必要な気がします。それか体重をもっと落とすか(かなり難しいけど)。あとは水の消費をどう押さえるかが問題です。食料も水が無くても飲めるジェルでないとダメですね。
反省点ばかりの今回のレースですが、コースも半分くらいは分かったし問題点もある程度明確になりました。来年こそは・・・!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

武士会?

先月末なんですが、ネット上で知り合った方達と飲む機会がありました(同じ建築業界なのですけどね)。でも面白いのはふた方ともとても遠いところにお住まいであるという事。遠隔地の方と知り合いになるというのは一昔前なら非常に難しい事ですが、今ならwebを通じて知り合う機会がいくらでもある。
でも、我々はバーチャルではないリアルな建築業界の住人。オフラインで会って初めて判断するところが多分にあるわけです。

たまたまおふた方が東京出張で来られるということだったので、せっかくだから武士会やりましょうということになり若干緊張気味ででかけたわけです。あ、「武士会」ってネーミングに深い意味はないですよ。アラフォーが「オフ会」じゃ軽すぎるし、仕事の「打ち合せ飲み会」って訳でもない。たまたまツイッターで話題にした「女子会があるなら武士会もあるだろう」ってツイートに便乗したってところです。

さて、夜の神田に集合。
一人目は北陸地方から来たHさん。今年の始めにも1度お会いしたんですが、話がうまくて気遣いで人を巻き込み、精力的に走り回ってネットワークを作る典型的な坂本龍馬タイプ。その根っこはパンク魂というパンク侍。残念ながら龍馬認定はもらえなかったようですが(笑)。今回の武士会もこの方のセッティング。
二人目は中国地方から来たWさん。初めてお会いしましたが・・・武士だ、この人も武士だ。いきなり刀を抜いて威嚇したりしないところが逆に怖い。面白くなってきました。

こういう信念のある人たちと飲んで楽しいのは、仕事の話をほとんどしなくても延々飲めるというところ。あと、刀抜かない人に抜かせる楽しみもあったりして。いや、今回は会話の端でチラッと覗き見ただけでしたけど、ギラっとしてましたよ。きっと色々な経験を積んできたんだろうなぁ。また是非お話したいですね。3時間、あっという間でした。また次回も!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トレイルラン4本目!

R0017197

今月初旬なんですが、昨年も参加した長野県富士見町のトレイルランに参加してきました。地元に住んでいる友人がいるので、レース後は温泉→友人宅で打ち上げ&宿泊という流れです。
昨年はあまりの登りのキツさにヘロヘロになったんですが、今年はなんと!歩かずに走りきれました〜。とはいうものの10キロのコースで1時間かかってますか決して良い成績ではないのですがね。おまけに正直言ってコースを楽しむとか、景色を眺めるとか、そんな余裕はナシ!乳酸が溜まって悲鳴を上げる足を、ひたすら前に出すのみ・・。
結果は昨年より2分短縮。でもそれより山道の走り方が分かってきた事の方が収穫ですね。是非来年も出られるといいなー。
泊めてくれたYさんIさんありがとう。初参加だったHさん、来年はマケナイゾ!

R0017205


P6050056


P6050055

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たいへんだけど

お久しぶりです。
一旦blogの更新をサボりだすとなかなか更新しなくなるのは宇宙の真理なんでしょうか。誰か僕に説明してほしい・・。

今年に入ってから忙しさにかまけて更新をサボっている間に、日本には歴史に残る恐ろしい災害が起こってしまいました。直接の被害はもちろんですが、あの日テレビから流れてきた映像は日本を根本から揺るがす威力がありました。幸いにも被災地にいなかった我々に出来る事は、あわてず、騒がず、被災地を支援し、新しい日本のあり方を考える、ということだと思うのです。
そして放射能の中、原発の処理に尽力している現場の方々に感謝を。なるべく早期に収束する事を祈ります。
僕個人としても被災地を何らかの形で支援できないかとは考えていますが、なかなか難しいですね。

Ecomo0001

ところで、本業の方の話題なんですが震災前から進めていた中古携帯電話のお店が新橋の駅前にオープンしました。SL広場の前にあるニュー新橋ビルの1階で、広場から見てすぐ分かります。「脱・携帯電話ショップ」(?)がテーマだったりするので、将来の可能性を最大限に持たせた「らしくない」お店を目指してます。
(本業のHPのwoksページにも少しですが写真を掲載)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お久しぶりです

はっと気付けば、なんと年も明けて2月も中旬じゃないですか!
ということで遅まきながら2011年初の更新でございます。
年末から何故に更新が止まってしまったかと言いますと、ひとつは忙しかったのもあります。ん?忙しかったのかな?うーん、バタバタとしていたのは確かなのですが今イチ自信がないのは、きっと成果が出てないからですね。この仕事、施主やお客さんに提案しても必ずしも実現しないのは仕方のない事。ただ連続するとちょっとヘコみますね。まあそんな事言っていても始まりませんので今年も前向きに行きますよー!まずは昨年からやってる例のお店をなんとか開店させないと!
さて、あともう一つの理由は「風邪」なんですよ。年末から合計すると4回くらい寝込んでます(笑)。かつてない程弱っちくなってて自分でも嫌になりますね。せっかくインフルエンザの予防接種をシーズン前に打ったのに全く意味がない。いや、意味はあるんでしょうねきっと。予防接種打ってなかったらインフルエンザにもかかりまくりだった可能性がありますね。まだまだシーズンは終わってないので皆さんもお気をつけて・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山道を駆け抜けろ!

P9260002

P9260014

スポーツの秋ですよ。食べ物がおいしくて馬肥ゆる前に、ということでわりと近くで開催されるということもあり、高尾山の「さわやか森林マラソン」に参加してみました。アップダウンの激しい、15キロの山林コースです。
実は夏前頃に長野県で開催された「富士見高原八ヶ岳クロスカントリー」に出てみたんですが、これがひっじょーにキツかった!こちらは10キロなんですが、距離が短い分ペースが早くてまったく太刀打ちできませんでした。で、その苦い経験をバネに・・というつもりで申し込んだのですが・・案の定トレーニング不足(^ ^; 直前でも連続では8キロ以上走ったことがないという状態での参加となってしまいました。
一緒に参加したのは友人の瑛月草雨のお二方。彼らもトレーニング不足と言っているけど、そんな言葉を信用しちゃいけない(笑)

さてスタートしてみるとこのコース、やっぱり勾配きついです・・。平坦な部分がほとんどないのでペース配分を考えないといけない。このコースを1時間で走りきる上位走者は変態だなきっと。登りのキツいところは完全に登山道ですもの・・これをどうやって走れと(笑)
一方で片側ガケの細ーい道や、転がり落ちそうなくらい急な下りの道もあったりしてなかなかエキサイティング!全体としてはとっても楽しかったですよ。特に、わずかですが山道を一人っきりで駆け抜けている瞬間があって、これがとてもいいんです。うまく言葉に表せないんですが・・。

結果としては当然のように瑛月草雨チームに敗北。でもそのあとの「蕎麦屋で一杯」が最高だったので良しとしましょう。蕎麦味噌焼きがとっても美味でした!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧