Posts categorized "おんがく"

名スピーカー・NS-1000M

世に名機と言われるオーディオ機器はいくつもありますが、何の因果か友人経由でYAMAHAのNS-1000Mという名スピーカーを譲ってもらえる事に。
昔から一度でいいので音を聴いてみたいスピーカーのひとつだったので狂喜乱舞です。
聴いてみるだけじゃなくて我が家に来ちゃったんですから。
NS-1000Mについての詳細はこちらのページを参照下さい。
http://audio-heritage.jp/YAMAHA/speaker/ns-1000m.html
というわけで早速レビューなど。

[1.前提条件]
僕は音楽ジャンルはなんでも聴くんですがジャズやクラシックは少なめです。ハードロックとヘヴィメタルも聴くところは普通の人とちょっと違うかもしれません。色づけの少ない比較的素直な音が好きですが、一方で弦楽器の響きや女性ボーカルの艶っぽい歌声も好き。オーディオ機器については、神経質な使い方は全くしてません。あまり広くない部屋に値段のあまり高くない機器をアバウトに置いて、安いケーブルで繋いで楽しんでます。

[2.繋いでみた]
なんと、僕の持っている真空管パワーアンプ(定格出力8.3W+8.3W)で鳴ってくれます。聞いていてパワーが足りてないという感じはありませんし、むしろ手持ちのトランジスタアンプ(100W+100W)よりクリアーで透明感のある音がします。駆動力のないアンプでは低音が出ないって言っている人もいるようですが、ホントかなぁ。音のバランスは、僕の好きなフルレンジ一発の音をそのまま拡大した感じ。あの感じを3つのスピーカー使ってよく再現出来たなと感心しました。ホントに高音から低音までのバランス感そのままでスケールアップしています。当然ですが、僕が必要だと思う量の低音は十分に出てます。以下はCDプレーヤーがONKYOのC-1VL、アンプがELEKITのキットの真空管パワーアンプTU-877という組み合わせで聴いた感想です。

[3.まずは感想]
すばらしいのひとことに尽きます!高音から低音までバランスの良い、切れ味の良い音がします。余韻は少なめで切れ込んでくるような音です。スッと現れてスッと消えて行く感じ。キラキラ感も低音の迫力も漂う色気とも無縁という潔さ。そのため音それぞれの聞き取りやすさが際立ちます。それじゃあ「音楽」として聴けないのか?・・というと、さすが名機と言われるだけあって問題なく聴けちゃいます。男・女ボーカルもの良し、電子音楽良し、ピアノ良し、エレキギター良し、弦楽器良し、管弦楽団はちょっとダメかな・・という感じです。

[4.音質とか]
音が固いとか低音が出ないとか聞いていましたがそんなことはないです。ジャズピアノからメタルまで実に幅広い音楽をそつなく(これスゴイ褒め言葉ですよ!)、しかも高い解像度で聴かせてくれます。たしかに若干固めの音に感じるのは、やはり音の響き成分が少ないからでしょうね。これはモニタースピーカーとしての宿命だと思いますが、音それぞれを聞き取れないとモニターとしては失格ですからしかたないですよね。よく言われている低音不足もモニタースピーカーとしては出過ぎると邪魔になるから適度に押さえてあるのではないでしょうか。もちろん贅沢を言えば、包み込まれるような余韻まで表現してくれたら言う事無いんですが、それはモニタースピーカーの本分ではないですしね。

[5.気になる点]
いろいろとCDをかけて聴いてみましたが、かなり万能なNS-1000Mもソースを選ぶようです。オーケストラが苦手なのは先に書きましたが、それ以外にも近年(2000年以降)に発売されたCDで聴きづらいものがあります。特にアメリカ産のハードロックで顕著ですが、音の情報量が多すぎるのか録音のせいなのか分かりませんが、ガシャガシャとまとまって聞こえて持ち味である細やかな再現能力が機能していない感じです。まあ、考えてみればこのスピーカーが最初に発売されたのが1974年ですからその当時の音源をリファレンスにしているはずなので、当時の音源の持っている情報を最大限に引き出すような設計のはずです。最近の情報量多めの音源には対応しきれないのかなと思ったり。ただ、これは繋いでる真空管アンプの能力の限界なのかもしれないので何とも言えませんが・・。

[6.まとめ]
なにしろカバーできる音楽ジャンルが幅広いし、僕の好みのフルレンジっぽいバランスでぎゅっと締まった繊細な音がするのでめちゃくちゃ満足度高いです!フルオーケストラには向かないですが、あまり聴かないので気にしません。それと古い音源(80年代以前)のCDが、今聴いても「良い音」と感じる音で再生される事には本当に驚かされました。また、繋ぐアンプによって全然違う音(バランスが悪くなる場合もある)になる事が確認されましたので、アンプ探しの迷宮に迷い込みそうで怖いです。今の印象では真空管アンプとかアキュフェーズみたいに、色づけの少ない性格のアンプの方が合ってそうな気がします。あとは近頃流行のD級デジタルアンプと合わせるとどうなるのかな・・とか。でも逆に、濃い味付けのLUXMANと合わせるとどうなっちゃうんだろう・・というのにも興味があります。・・・しかし先立つ物がありませんので今は妄想だけ(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

元基先生

V

先生と書きましたが、カテゴリは「おんがく」ですw
再結成して気になってた、懐かしき80年代ジャパメタバンド「VOW WOW(BOW WOW)」。いや、実は当時はあんまり聞いてなかったんですけど、最近LOUDNESSなんかと一緒にYouTubeで聞き直してみたらなかなかいいんですよ。だから別に懐メロとして聞いてるわけじゃなくてですね(言い訳)・・。まあいいや。
衣装なんかは今見るととっても恥ずかしい感じですが、ギターの早引きやら泣きのフレーズ、被せてくるキーボード、そしてなんといっても人見元基(現在は学校の先生)のボーカルが素晴らしい。
で、クリスマスにやるVOW WOWライブになんと人見元基が出るっていうんで、あわててチェックしたんですが後の祭り。数日前にチケット発売、即日売切れ・・。なんだよー、リバイバルブームなのかしら?それとも僕と同年代以上のオヤジ共が殺到してるのか?謎です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

武川アイ

Astrohall0001

力強い歌唱力とクラシックロックをリスペクトした曲調が好みで、ここのところ気になっているアーティスト武川アイちゃんのライブに行ってきました。な、なんと今秋エイベックスからメジャーデビューするそうなので、どこがどう変わっちゃうのか期待半分不安半分というのが正直なところ。
ライブがスタートすると、いつもと比べるとMC控えめ。緊張してるのか?と思ったらちょっと違うようです。なんでも今回は初めてステージ衣装、メイク、演出、MCの指導まで事細かにエイベックスの「アドヴァイス」が入ったらしい。そのおかげか、ビジュアル的にはとっても可愛らしくなっちゃってました。もちろんカワイイのは悪くないんだけど、以前のような少し早口だったり荒削りな雰囲気もよかったんだけどね。
さて、今回の演奏曲ですが今までのオリジナル曲をリ・アレンジしたもの数曲と、カバー曲が2曲でした。シンセやマニピュレーターまで入っているステージだったのでちょっと完璧にしすぎかなー。確かに完成度は上がっているんだけど・・ちょっと・・せっかくのライブなのに楽曲の勢いが押さえられちゃってるような・・。まぁ、あくまでも私の好みなんですが、シンセやマニピュレーターはもちょっと押さえて、リズムギターを加えて勢いのあるギターバンド的な方向の方がいいのかなぁと。なんでって、昨年末のライブの時告井孝通氏のアレンジで、自身もギターで参加してた2曲が結構好みだったんですよねー。
一方で、彼女のボーカルの方は素晴らしく成長の跡が見られたライブでした。今までも十分歌はうまかったんですが、さらに色々な歌い方を使い分けるようになってて情感がこもりまくりでした。ビートルズのカバー曲なんて、鳥肌もんでしたよ。今後、ますますウマくなっていくんじゃないかと期待ができる成長っぷりでしたね。楽しみ楽しみ。

おまけ。
デビューシングルはTBS系のCDTV(カウントダウンティーヴィー)の10月のエンディングテーマに決まったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピアノライブ!

Asa0001

中学時代の同級生T君の誘いでピアノ弾き語りライブに行ってきました。といってもアマチュアのアーティストなんですけどね。同じ地元出身(学校は違うけど)のピアニスト森田朝子さんです。
この日はパーカッションの通称Pちゃんとのデュオ。Jazzが専門の森田さんですが、プレイリストは懐かしの80〜90年代洋楽ポップスや、初挑戦という邦楽ポップス。全曲オリジナルアレンジで本人のボーカルで演奏してくれました。少し線の細い森田さんのボーカルですが、以外にそれがピアノの音とマッチして・・というかほとんど同化していて非常に耳に優しい演奏でした。さらに今回初めてデュオを組んだというPちゃん(男性)も何曲かボーカルを取ったんですが、いい声でしたよー。この2人の組み合わせはなかなかいいです。また聴きにいきたいですね。
森田さんは小田急線玉川学園前駅から徒歩5分のライブハウス「Summer Time」をホームにして活動されているようです。お近くの方は是非チェックしてみて下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

らいぶライブ!

Live

これ、行ってきました。
知らない方からするとなんじゃこりゃという感じの面々でしょうが、EARTHSHAKER、SHOW-YA、LOUDNESSといえば80年代日本のHM/HRを牽引していたバンド達ですよ。もっとも、私はリアルタイムで聴いていたわけじゃないんですけどね。HM/HRにはまったのが90年代に入ってからだったので、既にどのバンドも最盛期を過ぎ、時代の流行との齟齬に迷走をし始めている頃でした。いやー今改めて聴くと、ホンット80年代のアメリカを中心としたHM/HRの王道を行ってますからね。その後90年代はご存知の通りオルタナとヒップホップの嵐が吹き捲くり、メタルやロックの様式美なんてもんはどっかに吹き飛ばされちゃいました。
さて、今回の野外イベントはそんなかつての大御所バンドが最近相次いで復活したのを機に、それぞれのボーカル3人が組んだ濃〜いユニットがメインのライブです。もちろん、それぞれのバンドも出ますし「大人の事情」により若手のバンドもいくつか出ました。よって、40代のおっちゃんおばちゃん達にゴスロリ風味の若い女性ファンが混じるという不思議なオーディエンスが日比谷野外音楽堂に集結しました。
今のロックの流行りは、顔がカワイイバンドメンバー+ヘビーロック+キャッチーなサビってとこなんでしょうか。観客の女の子達が、繰り返しのメロディー部分でパラパラのような振り付けをすることに驚き、間奏で揃って金髪を振り回す獅子舞風ヘッドバンキングをするのに涙が出る程笑いました(失礼!)
年長組の観客はそんなことすると首を痛めるのでできませんが、青春時代に体に染み付いた懐かしいメロディーとボーカルを堪能した「4時間」でした!長っ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saudades de Rock/EXTREME

Saudades_de_rock

再結成EXTREMEの第一弾アルバムがこれ、Saudades de Rock。去年の発売から現在までお気に入りの1枚です。

流麗なメロディーとトリッキーなギター、一般的には「More than words」とかのバラード曲のイメージが強いグループですが、ファンクロックバンドなんですよ、ファンクロックバンド(大事なことなので2回言っときます)。という訳でとってもファンキーでロックな1枚です。昔のように変態的なギタープレイはなりを潜めてますが、それでも十分ヌーノ・ベッテンコートらしいギターが聴けますよ。そういえば解散した後、ボーカルのゲイリー・シェローンは一時期ヴァンヘイレンで歌ってましたが、そのとき出したアルバムを聴いて「へーっ!エクストリームのファンク色はゲイリーだったんだ!」とびっくりしたものでした。一方で、ソロ活動していたヌーノは全くファンク色が無くなってましたしね。そんな二人が再び組んだ訳で、やっぱり昔通りのEXTREMEですよ。まだちょっとおとなしめですが、これからどんどん面白いアルバムを出していってほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きもちいいー

Pf0001

「UNITED STATES/PaulGilbert&FreddieNelson」
最近のお気に入りCDのひとつ。
ポールギルバートはやっぱりMr.BIGの時代が一番好きなんですが、これも良いです。伸びのいいフレディーネルソンというボーカリストの声も結構好みですよ。ソロの作品では微妙にロックとポップスの中間を行くポールギルバートなんですが、この作品は少しロック寄りかな?でも曲は早弾きのロックや縦乗り系からバラードまで様々な曲が揃ってて飽きさせませんし、なにより気持ちいいコーラスがたっぷりです。
問題はアレです、ウチのオーディオが全くロックに向いてないってこと。我が家のスピーカーSX-500Spirit(Victor)にスピード感のある音を求めちゃいけないんです・・。

2/10追記
ええー!再結成ですか?Mr.BIG!!聞いてないよ〜。よくオリジナルメンバーが再集結したなぁ・・。もちろんビリー・シーンはやりたくてしょうがなかったろうけど、ポールが承諾したのが驚き。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

年末のライブ

昨年末ですが、またもやアイ武川ちゃんのライブに行ってきました。うーん、相変わらずパワフルなボーカルが気持ちいいです!今回は新しい試みとして新曲2曲のアレンジを、ギタリストで作曲編曲もする告井孝通氏と行っていますよ。当日はライブにもゲストギタリストとして登場。

さて、アイちゃんの楽曲は基本的にはシンプルなバンドサウンドがメインになっています。Vo、G、B、Drというシンプルな構成、良くも悪くもボーカルが曲のイメージを決める、というスタイルが彼女の楽曲の魅力です。ただ、メインギタリストの村田剛氏が、どちらかというと渋いフレーズを得意としているのとあいまって、派手さという点ではもう一押し欲しいところです。
で、告井氏がアレンジを担当する事でどうなるかというと・・・・かなりいいです!彼女の年相応(失礼!)の明るさと華やかさを演出するような仕上がりでした。楽器的にはリズムギターが1本加わっただけなのになぁ。さすがです。こういったアレンジの曲も混ぜて行けば楽曲に幅がでていいですよねー。とても楽しみです。

ところで、アイちゃんかなりいろいろと活動をしているようです。お父さんであるタケカワユキヒデ氏の名曲「ビューティフルネーム」をアレンジして、親子の絆を考える運動に親子で協賛(Beautiful Name Again)したり、チャリティコンサートなんかにも積極的に参加してますね。無料のコンサートもあるので、要チェックですよ!

Ai0001

おまけ。
写真はライブ帰りに食した新宿「海神」の「あら炊き塩ラーメン」です。僕は魚系のダシのラーメンで、これほど上品でおいしいものを他に知りません。軟骨入りのツミレも最高。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘッドバンキングは無しで

Aitakekawa

9月の初めにアイ武川のライブに行ってきました。
え?それは誰かって?あのゴダイゴのボーカル、タケカワユキヒデの娘さんですよ。なんとライブ当日が20歳の誕生日!若いなぁ・・・。もちろんやってる音楽の路線はお父さんとは違いますが、なかなか将来性を感じるライブでした。デビューして2年くらいですが、まだほとんど無名というのがもったいない。ライブには伊藤銀次さんもゲストで参加。

インターナショナルスクールに通っていただけあって、日本語の曲と英語の曲が半々くらいでしょうか。英語がしゃべれる人が作った曲って、やっぱり日本のポップスとかとちょっと違ったリズム感になりますよね。歌詞の載せ方がちょっと違うというか・・でもそこがいい。それになかなか良い声と声量をお持ちだ。
曲調は60〜70年代の雰囲気をかるーくまとったロックとポップスです。私としてはロック路線でもっと曲を出してほしいところですが、日本で売れるためにはやっぱりバラード出さなきゃダメなんでしょうね。となると、声量を活かしたパワーバラードとかいいかも・・・。

ラジオDJをやっているせいかMCも慣れてるし、キャラクターは確立してる感じなのであとはどんどん新曲作って育って行ってほしいですね。将来が楽しみなアーティストの1人です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)