« 第2回上野原トレイルレース(反省文のようなもの) | Main | テンキー »

はしるーはしるー俺たちー

トレイルランのネタが続きますが、はまっているので仕方ない(笑)。
さて、屈辱のリタイヤをきっした上野原トレイルレース。気を取り直して10月は高尾山のレースに出ました。
高尾山森林走遊学大会です。
こちらは15キロで林道がメイン。昨年も出ているんですが、今年はコース変更があって全く未知のコースです。高尾の山奥にあるミッション系の私立高校のグラウンドがスタート地点。なんとスタートから林道に出るまでのコースは生徒達が作った道なんだそうです。体調はちょっと左足首がゴリゴリする感じで不安があったんですが、準備運動でなんとかほぐしてスタートを待ちます。

Img_0404

今回は上野原の反省から秘密兵器を持参。
1)おにぎり×3(これがないと始まらない)
2)バームのジェル×1(やっぱり走る前はバーム)
3)サプリメントジェル×2(ワンセコンドっていうグリコの商品)
4)終わった後に食べるアミノ酸入りジェル×1(筋肉痛が緩和されるらしい)
5)背負う水筒にスポーツ飲料を500ml(1時間半なら500mlで十分!)

1)と2)は走る30分前までにもぐもぐ。あーお腹がくちくなると眠くなる・・。先にスタートした7kmの参加者が遅れてる関係で、スタート時間が遅れてさらに眠くなーる・・。やっとスタート時間3分前になったので、これまた前回の反省でできるだけ先頭集団に混じる。左前方には一緒に出た友人の後ろ頭も見えます。

どのレースもそうですが、なんとなくだらだらとスタート!
どんどん前へ出る友人を今回はペースメーカーにさせてもらうことにします。最初の10分〜15分のキツい登りは追い越し出来ないので、がんばって彼に遅れずに登りきればOK。林道に出てからが勝負ですが・・友人はあまり調子が良くなく早い時間にペースダウン!やむなく追い抜いて自分でペースを作るはめに。これってけっこう辛いのです。自分のペースを自分で作るほど難しい事はない。

新しいコースでペース配分が掴めず困ったんですが、救われたのは同じ林道を2復するコースだったという事です。おかげで1往復してからは残りの距離がだいたい分かるので「ペース上げすぎず落としすぎず」がなんとかできました。でも結局最後の方はあっぷあっぷ状態なので後ろから迫り来る友人を確認したいけど振り向く余裕も無いという(笑)。

さすがは15kmと短距離なだけあります。えらくハイペースでレースは進み、30分に1個補給するはずだったジェルの補給も最初の1回だけにして、あとはのこりのエネルギーで走りきれると判断しました(コース終盤はずっと下りだったので)。とにかくハンガーノックが起こる前にゴールせねば!という勢いだけでなんとか転がりこむようにゴール!

で、結果です。昨年より10分以上短縮!まあコースのおかげっていうのもありますけどね。でも初めて友人にも勝っちゃったしかなり気分がいい・・くくく。昨年と同じ高尾山口の高橋屋の打ち上げのビールもウマかった!リタイヤしても上野原に出ておいてよかった!あれのためにトレーニングしてなかったら今回の結果は絶対に出なかったです。
15km男子の部は参加者合計が442人だったので、112位っていうのはまあまあの順位ですよね?ね?

Scan10001_2_2

【次回に向けて】
とにかくトレーニングをさぼらないこと!

|

« 第2回上野原トレイルレース(反省文のようなもの) | Main | テンキー »

「つれづれ」カテゴリの記事

Comments

おお、15kmを1H25とは
立派なタイムだね!
順位もすばらしい。
もう少しで2桁100位以内だね。
(とあおってみる)
陣馬山、がんばってね。
高尾天狗トレイル、年内最終レースとして申し込みました。
青梅マラソン僕も申し込んでます。

Posted by: しんや | 10/17/2011 05:35 PM

トレイルランはコースによってタイムが全然変わってくるから、
あんまり参考にならんのですよね。
同じコースで走らないと比較のしようがない。

無事東京マラソンははずれたので、青梅が今期ひとつのヤマですねー。

Posted by: ai腹 | 10/18/2011 11:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はしるーはしるー俺たちー:

« 第2回上野原トレイルレース(反省文のようなもの) | Main | テンキー »